Outdoor Summer 2018

Camping Food – Dinner –

ランチの後、ひとしきり水遊びを楽しんだ子供たち😃山の水は透明で澄んでいてとっても気持ち良さそう、と思って片足だけ入れてみたら冷たっ❄️😵❄️子供たち、よくこんな中で1時間も遊べるわ・・・

サイトに戻ってきてからもまだまだ元気で、自転車🚲を乗り回したり木(の根っこ?)によじ登って遊んだりして泥だらけ。こんなロッククライミングみたいな木登り見たことない💦

近頃はキッズチャンネルのユーチューバーみたいな口ぶりでしゃべるスマホ好きな下の子が、こうして積極的に自然と戯れているのを見ると親として嬉しいかぎりです😍 iphoneもipadも圏外、大人も子供もたまにはこうやってデジタルデトックスしないと📱
でもこの辺はさすがシリコンバレーで普通にWifi繋がるキャンプ場も結構あります😅今回はスマホ断ち出来てよかった🙌

私は、というと、こんなレッドウッドの木立を見上げながらハンモックでゆ〜らゆら・・・う〜とうと・・・極上の休息を満喫中😍スパとかマッサージとかもうずいぶん長いこと行けてないけど、ハンモックでまさかこんなに癒されるとは・・・・嬉しい想定外✌️

何時になったのでしょうか。腕時計もスマホも持たず、時間を気にしない非日常な感覚を楽しみつつも、薄暗い森の中は少し肌寒くなってきました。
ダンナがファイヤーリングに薪を焼べると🔥コーヒーカップ片手に大人たちがぞろぞろ集合して、キャンプファイヤーを囲んでなんだかいい雰囲気😀白人系アメリカ人、インド系、アジア系、混血・・・・見事にみんなバラバラだけれど、自分たちの住んでいる街のことや学校のこと、子供たちの習い事の話など共通の話題が色々あって話は尽きません。

盛り上がりつつも、ちょっとまた陽の光が弱まってきたような気がするけど夕飯の準備始めなくて大丈夫かな😟思ったより時間は経っていないのかもしれないけれど、ついつい主婦的な心配をしてしまいます💦

担当チームのママが「そろそろ始める?」と、私たちのガールスカウトのトゥループ(チーム)リーダーのママに声をかけますが「まだ大丈夫じゃない?」みたいな感じだし、真っ暗闇の中で食べることになったらどうしよう・・・初心者の私などはそわそわしてしまいます😳
ひとしきり会話も盛り上がり一同まったりしてきた頃、ようやく腰をあげた夕飯チーム。リーダー、うちで作ってきたという大量のパスタのサラダを取り出し、大鍋のチリビーンズを温め始めて、ビッグなアメリカンスマーイル😁

こちらのインド系のご夫婦はファイヤーリングに薪ではなく炭を着火して、スーパーで買ってきたというチキンと野菜の串刺しをグリル🔥

私は薪火で野菜を焼いて真っ黒焦げにした失敗があったけど、そっか、炭を使えばよかったのね💡
こうしてわずか30分足らずで完成したディナーがこちら!あっぱれ👏

やっぱりまた寒い外で食べるあったか〜いごはんってなんでこんなに美味しいの〜⁉️♨️
アメリカの国民食チリビーンズ(チリコンカン)は子供も大人もみんな大好き。胡椒がガッツリきいたチキンを口に入れたら、ふんわり甘いディナーロールで塩気を和らげる。。この甘じょっぱい感じ、たまりません😋

私がディナー担当だったらバタバタしちゃって自分は後回し😓最初からみんなと一緒にこんなゆったり食事楽しめないよ、きっと・・・ボランティアで自らリーダーシップをとってくれて、いつでもニコニコみんなをとりまとめてくれるリーダー、やっぱりすごいよ・・・どこまでもついてきます😍

そして食後はキャンプのお約束のスモア、S’moreと書いてスモア🍫 キャンプファイヤーでマシュマロをトロトロふわふわに溶かして、それをグラハムクラッカーに板チョコと一緒に挟んで食べるという子供たちが楽しみにしているデザートタイムであり、夏の風物詩のようなものであります。マシュマロがとろけすぎて、ぼとっと火の中に落とす子がいるのもお約束😉

なんていうのかなぁー、私の感覚でいうと、お盆に従兄弟たちとワイワイ言いながらお墓参りの帰り道、提灯🏮を持ちながら夜道を歩く途中に駄菓子屋で買ってもらえるアイスキャンディーみたいな感じでしょうか?ちょっとした非日常感が子供心に嬉しかった特別な夜のひと時。この子達が大人になった時、そんなノスタルジックな思い出を覚えていてくれるといいな。。


(うちも含めて)どこの親御さんもみんなスモアの材料をしっかり持って来ていたのにはびっくりです😲

真っ暗闇になる前にディナーも終わってホッと一安心🙂

あとは明日の朝の朝食(担当)に備えて早めに寝るだけ。と寝袋に入ったら、テントの外でざわざわ・・・・
キャンプファイヤーを囲んで、お酒🍺🍷を楽しんでいたパパたちが「ラクーンでたっ!」と言ってるのが聞こえてきます。
テーブルの上のおつまみを狙ってアライグマが出たみたい!一般家庭のゴミ箱を漁ったりもするくらいこの辺りではお馴染みのラクーンなのでそりゃ出るかもしれないけれど、ヨセミテ辺りのキャンプ場だと熊🐻が食糧を狙って来るというから怖い😰

熊が出ても出なくても、キャンプ場ではテントの中に食べ物を持ち込むのは厳禁❌夜間テーブルの上に出しっぱなしにするのもこうして野生の動物が来てしまうので危ない。食べ物を放置したら何万円という罰金を課すキャンプ場もあったりここでは食べ物には十分気をつけなければいけません。

さて、夜が明け翌日の朝☀️
みんなより早く起きていよいよ朝ごはんの準備スタートです。昨夜のうちに前日の朝ごはん担当のマスター夫婦から巨大ガスをお借りして、まずはお湯をグラグラ沸かすことから開始。小さなフライパンで1枚ずつ地味にパンケーキを焼き始めると、マスターパパが手伝いに来てくれました。大きなグリルパンでざざっと一気にベーコンを焼いてくれ、スクランブルエッグまで作ってくれています。ありがたや〜🙏

そして、こちらのパパが、昨日、用事ついでにサイトを抜け出して山の麓の評判のベーカーリーで買って来てくれたというバスケットボールくらいありそうな巨大なガーリックブレッドをホイルに包んでキャンプファイヤーの上で温めてくれて、もう至れり尽くせり😭
こうしてフルサポートを受けながらなんとか無事に温かい朝ごはんを皆さんに振舞うことが出来ました㊗️

写真、、、⁉︎もう、、、カツカツで撮ってる暇などどこにもなかった・・・です😭

こうしてみんなで作って食べて、期待通り、かそれ以上に楽しくて美味しかったキャンプごはん😋
また友達家族とこんなキャンプがやりたいなぁ😆

こうやってまたどんどんどキャンプ沼に深入りしてしまう我が家です。

(完)

Side Note:
キッチン周りのキャンプ用品についてはダンナが番外編2でご紹介してます。ご興味ある方はチェック👀してみてくださいね〜

今回のキャンプ場 ”Memorial  Park”
うちの辺りからは車で1時間と近場ながらレッドウッドが生い茂って夏でも木陰が多いので暑くなくて快適。何より、子供も楽しめる自然がいっぱいなのが最高で、ファミリーには絶好のキャンプ場です🙌

Leave a Reply