Outdoor Summer 2018

Camping Food – Breakfast –

まだ数回だというのに楽しくてハマりそうな、いや、もうハマってしまった💦キャンプ沼・・・(初心者🔰あるあるでしょうか?)先日は娘の小学校のガールスカウトのファミリー6家族、総勢20名以上で2泊3日のグループキャンプに出かけました。

もちろん今回もまたごはんのことばーっか考えてますよ〜✌️朝2回、昼1回、夜1回、食事はそれぞれの家族で分担するとのことで事前に割り振りましたが、うちは昼とか夜はちょっと責任重大なので、解散前の最終日の朝ごはんを担当することにしました。(失敗してみんなお腹ペコペコでも、帰りにどこかで食べてってもらえるかな、という計算の元であります😝)
それにしても楽しみ💕これまでのキャンプ場では、ローカルの皆さんがどんなものをどんな風に作って食べているのか興味津々で、ふらふらと偵察に出かけては遠くから覗いてみたり、でも実際に何を調理しているかまでは全く見えず😭でしたけれど、今回はバッチリ👀目の前どころか一緒にお料理だって出来ちゃうという絶好のチャンス到来です🙌

パパもママも仕事を終えてから、金曜の夕方にぼちぼち集合してその晩は各自で夕飯を済ませてさっさと就寝。翌朝目覚めると、早くもこの日の朝食担当ファミリーが早起きして支度している音が聞こえてきます。
起きてテントの外に出ると・・・・❄️❄️「さむっ!!」❄️❄️予想はしていたけど気温は10度かそれ以下・・・1日の寒暖差が大きいベイエリア、特にこんな山の中は夏でも朝晩はかなり冷え込むのです。

彼らのサイトへと鼻歌交じりで歩きつつ

♬ 何がでるかな、何がでるかな ♬タララたったんチャララらん♬
(”ライオンのごきげんよう” で小堺一機が歌うやつ)

覗いてみると、なんとまあ朝から豪華なブレックファースト・タコス🌮✨

いきなりメキシカン🇲🇽出してくるあたりがカリフォルニアスタイル?(なの?!)

こちらのご家族
「この夏だけで9回、ほぼ毎週末どこかでキャンプ。うちで寝た週末は1回だけだぜぃ」という強者😎
ベトナム系アメリカ人の奥さんがアボガドや苺などを切っている側で、インド×日本のクォーターという日本語ペラペラのアメリカ人のご主人が、卵や豚肉を慣れた手つきで(そりゃそーだよ!)手際よく調理してくれます。


牛乳パックと見た目そっくりの紙パックから流れ出てくるのはまさかの卵液で、さすがは、朝ごはん天国アメリカ🇺🇸(と私は勝手に思ってる)みーんな卵が大好き🍳
フワフワのスクランブルエッグもあの量作るのに一個一個、生卵割ってたらラチがあかないってもんで、こうやって卵液がパックに入って売ってます。合理的なアメリカらしいけどなぜか自分では買う気になれないんだよなぁ。でもクーラーボックスに大量の卵を保冷出来ないこんな時にはすごく便利そうです。

そして、メキシコ風焼き豚的な?”カルニタス”。今回その正体を初めて知りますが、スパイスをまぶしてじっくり時間をかけて煮込んだり蒸し焼きにしたりして作るメキシコを代表する肉料理の一つだそうです。

お料理上手なご主人、トレジョ(Trader Joe’s)の圧縮パック入りの塊肉を3つ豪快にまな板の上に乗せて、薄くスライスしたのをガスコンロの天板の上でこんがり焼いて、その身をフォークでほぐしてサーブしてくれました。
トルティーヤも1枚1枚、丁寧に温めてくれて、チーズとアボガドとホカホカのお肉をのせてメキシカンソース(って言うの?)をかけてクルッと巻いて食べる。美味いーーーー😋


コーントルティーヤ、スクランブルエッグ、カルニタス、アボガド、カリカリに焼いたメキシカンチーズ

やっぱりね、フーフー言いながらコンビニで買って食べる肉まんとかと同じでね、寒い時に外で食べる温かい物って、なんかこう気持ちもホッと安らぐしありがたい♨️

さらに、この経験豊富なベテランカップルはさすが、色々とよ〜く心得ていて、早朝からひたすらにお湯を沸かし続け、熱湯の入ったポットを何本も用意しておき、のんびり起きて集まってきた仲間たちに、セルフサービスでコーヒーや紅茶や、ホットチョコレートなどで温まってもらっている間に朝食の準備をする、という素晴らしい段取りの良さ☕️
いや、これね、自宅に泊まりに来た人を迎えるのと違って、朝起きてまず炊事場をセッティングして、燃料も限られた中で、20数名分の温かい飲み物と食事を用意するって、結構、、、大変よ💦

グラノーラとヨーグルト、フルーツとコーヒーくらいでいっか。と考えていた我が家も、さすがにわかってきましたよっ

どうせなら、あったか〜い朝ごはんがいいっ✨

パンケーキは必須で、ベーコンも一応持ってきたからカリカリに焼くか。バックアップで持ってきたパン、どうやってあっためよ、、?って、そもそもこの人数のお湯沸かすだけの燃料とか、うち、あったっけ?!

ふと彼らのガス台の下を見ると・・・・特大サイズのすいかくらいの巨大なガスタンクががっちりセットされております。片や我々、りんごサイズの心許ないガス缶3つ(しかも使いかけ)・・・・のみ。

明日は「あれを借りないと・・・無理だね・・・」

顔に縦線、ちびまる子ちゃん状態なのでありました😱

次回 (Lunch)へ続く

 

Leave a Reply

%d bloggers like this: